読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

行ってよかった場所:青森県立美術館(1)

名前の通り、青森県にある青森県立美術館です。

先日行って来たんですが、本当によかった。

日本にある美術館は都内中心にしか行ったことがなかったし、そもそも初の青森観光だったんですが、魅了されました。

 

まず、建物。

 

青森駅からバスで向かいます。

降りて見えてきた真っ白な建物をみて、「 おお・・・!」と一人で声をあげました。

真っ白い四角い建物が見え、同じように美術館に向かう人が歩いていくんです。

その姿だけでもアーティスティック、佇まいだけで心ときめいた瞬間。

 

ちょうどミッフィー展をやっていて、60周年記念のミッフィーにちらんで、建物の外壁にミッフィーモチーフがありました。

仲良しなカップルさんが写真撮影されてて、私も自分用にぱしゃりとしてから、入館です。

 

出迎えてくれたのが、世界のアーティストの方々が作成したミッフィーたち・・・!

 

大きいサイズはミッフィー展で飾られていたので、ミニチュアサイズですね。

カラフルなのから奇抜なの、シンプルなのまでいろいろあります。この時点でぱしゃ、ぱしゃ、ぱしゃと撮影していました。

これだけで幸せ。アートに浸れる美術館ってステキ。

 

ヨーロッパの美術館を訪れた空気感・・・その中を踏みしめて、荷物はロッカーに預けて、いざ入口へ。

 

入り口から左手に行くと、エレベーターがあるので、チケット売り場と入口があるので降りていきます。

このエレベーターに乗って美術館に向かうという行為だけで、非日常に近づいていく感覚がし、気分が高まっていきます。

 

開かれた扉、出てみるとチケット売り場があります。

 

そこで、通常展示とミッフィー展のチケットを両方ゲットして歩いていきます。

 

と、飛び込んでくるのが、シャガールの3枚の絵。

 

マルク=シャガールは、ロシア出身の20世紀の画家で、この絵はバレエの舞台背景です。

1枚のサイズの大きいこと、縦に9メートル、横に15メートルです。

それが3枚、壁に飾られているんです。

目に飛び込んできた光景の圧巻さ、壮観さ・・・・・・想像できますか?

 

前、右、左に物語の沿ったシャガールの絵が見えて、中央には椅子が複数並べられています。

おそらくこの絵を眺めるためのものでしょう。

 

座りました。

 

前、

 

右、

 

左、

 

どれを見ても大きな絵なんです。

 

しあわせ~~・・・

 

展示を見る前にぼんやり、眺めていました。

椅子は動かせるので、気に入った絵の方をひたすら眺め続けることができます。

 

私はシャガールの絵の色合いが好きです。

 

思考しないで、ただ感じ続ける。

 

そのあと、解説も読んでみる。

 

そして、また絵を眺める。

 

 

しあわせな時間でした♪

 

 

美術館の詳細を確認されたい方は、以下がホームページへのリンクです!

青森県立美術館