読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

日本橋アートアクアリウム2015の感想 : ポスター、ほんっとによく出来てる!!

日本橋で開催中のアートアクアリウムに行って来たよーー!!!

「なにそれ?(・ω・?)」な方もいるかもしれませんが、

 

正式名:

ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2015

~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム

 

だそうです!(ばーん!!)

 

まあ、端的にまとめるなら、金魚を題材としたアクアリウム(=水族館、というよりは水槽)ですね!

ヒカリと水、そして金魚、さらにはプロジェクションマッピングが加わって、不思議な形をした水槽が並ぶアートな空間・・・と書くと、めっさすごそうですけど、行って来た感想としては、

 

今回のポスターは、このアクアリウムを見事に集約していたな!!

 

というものでした!

なにそれ褒めてんの!?と友達に突っ込まれましたが、ポスターをめっさほめているよ!一緒に同じデザインのまあるいうちわも配られたんですが、めちゃこれ可愛い!すき!!

ただ、このアート、私はハマらんかったですね。何を面白いと思うか、何に心が響くか、その点だと私の好みではなかったです。

ただ、キレイさはあって、観賞という点から挙げるなら、たった一つにしろと言われるなら、今回のポスターは良くできていました。

 

f:id:su790:20150916225010j:plain

 

なんでこのポスター??ってのに答えるのは、ざっと感想を述べてからにしよう。

 

まず、料金!

私は当日券で見てきました。

公式サイトを見ていただくとわかるんですが、

 

当日券:1000円

日付指定券:2000円

その他にもいろんなチケットたくさん(花魁や忍者、DJ?とコラボなど)

 

いろんな価格設定があります。

なので、私の感想は、これだけの金魚の飼育をしながらのアートと考えるなら1000円も妥当かなあというもの。

行ってみればわかりますが、金魚がほんっとにたくさんいますので、

  • 透明度を保ったままの水
  • あれだけの数の金魚をいかし続ける

というのはなかなか大変なんじゃないかなあって素人目ですが思いました。

 

ただ、このアクアリウムは、コレド室町1の中にあるホールなんですよ。

ビルの中の少し広めの空間って感じなので、私の想像よりもはるかに小さい。

しかもアクアリウムに入る前から、音楽と映像で想像をかきたてるので、期待が膨らむ。

その上での、あの空間だったので、ちょっとがっかり。。。もともと広い空間大好きなので、ポイントが下がっちゃうわけです。

 

このアート展、とある日に立ち寄った時はめちゃめちゃ混んでいて、待ち時間が60~90分も発生していました。

そこまで待って見ていたらどんな感想を抱いていただろう・・・

 

日付指定券は当日券の2倍である2000円、うーむ・・・ふふふ( ´ー`)

 

ただ、逆にああいう不思議空間でのその他のコラボ(忍者とか花魁)はとっても楽しいかもね!私の感想はあくまで、アクアリウムのみに特化した印象です!

 

じゃあ文句ばっかで行って損だったかって!?

 

それもまた、うーーーん・・・・(笑)

答えづらい、どういえばいいかわからない。

 

「これがとってもよかったーーー!!!」とか主張したいかといわれると、そこまででもないって感じで、「心に何も残ってないの?」と言われると、「感情の高ぶりがそこまで発生しなかった」って感じ。

この展示は何を見せようとしているのか?っていう作者の意図を私が感じ取れなかったんですよね。

あ、片岡鶴太郎さんの金魚の絵は好きだった!!

というか、私の求める金魚は、ああいうのかも!

  • ひらひらゆらゆら
  • 白と赤
  • 優雅に水槽を泳ぐ

そんな感じ!だから、金魚の顔のドアップとかは私はそこまで興味がないかも!

 

 好きな水槽は、

  1. 入ってすぐにあったやつ
  2. 展示の目玉っぽい地球のやつ!終わり際にあります!

せっかくなので、ガラケークオリティー・・・だけど、ご紹介!

 

(1)入ってすぐにあったやつ

 

f:id:su790:20150916232024j:plain

 

一番金魚の色がわかりやすかった。

他の水槽には珍しい金魚がいたけど、ライトの色が原色すぎて金魚の色がさっぱりわからない。

金魚のシルエットを活かしたくてこんなにライトを使ってんのかな?とも思ったけど、その割には空間が狭すぎて金魚の優雅さがわからない。

色が原色から他の色移り変わるのが交互で、いまいち影も見えづらい。

 

この上の水槽は大きめで、金魚の白と赤がわかりやすくて、綺麗だった。

金魚って金魚自体が綺麗。さすが観賞魚ともいわれるだけある。

 

このアクアリウムにはいかにも金魚すくいっぽい、低めの水槽?もあるんだけど(さっき挙げた片岡さんの絵の近く)、金魚は上からよりも、水槽を横から眺める方がよっぽど優雅だなーってのは感じました。

 

この入口の水槽が一番気に入って、会場をぐるぐるしては結局この水槽前に戻ってきちゃいました。

 

そして、(2)展示の目玉っぽい地球の水槽

f:id:su790:20150916232542j:plain

 

この水槽を気にいったのも、比較的ライトが控えめで、金魚の泳ぐ姿が見てとれたから。

これだけの球体に金魚が何匹も泳ぐ姿は綺麗です。

地球と言っているだけあって、ちゃんと国が書いてある水槽です。見ごたえはあるよね、ずっとぐるぐる回っていて、皆さんシャッターチャンスを狙ってらっしゃいました。

 

他にも、いろいろあるんですよ。こんなのとかね!

f:id:su790:20150916233104j:plain

 

ただ、フォトスポットみたい。皆さんスマホやカメラでぱしゃぱしゃぱしゃーーーって感じ。たぶんスマホで加工したりしたら、そのまま素材になりそう。

それも多分楽しみ方。

 

ただ、あーーー!!!それを描きたかったんですね!!いいね!!!みたいなのを感じたい私にはピンと来ず。

丸い水槽にいろんな種類の金魚を入れたところなんか、もっと・・・こうなんとかできたんじゃないの!?という思いさえ浮かぶ。きっと苦労されているんだろうなあって思うんだけどね、ただ、アジアの国に行ったような原色祭りのカラーリングにちょっぴしがっかり。

ここでこそ、スカイツリー並みのわびさびの色合いがよかったなー!

金魚に原色ライトって、金魚が色負けしてると思うんだよねー、ライトが消えている時?白いライトで、金魚がわかりやすい時の方が、よっぽど金魚の優美さが感じ取れると思うんだけどなあ!

 

 あと、プロジェクションマッピングを使った屏風の水槽なんかもあります。

 

で、話に戻ると、このアクアリウムのポスター・・・!

 

展示されている水槽がうまーーーーく用いられている!!

そんで、右と左に配置された金魚、私がこのままで綺麗!!って思ってた金魚じゃん!!!

 

と気付いて感動でした!!

あの強い原色のイメージも、こうやって万華鏡風に見せると、とっても華やかな印象で、かえって印象に残る。

というか、あの展示会のよかったところをまんま表現しているなーって、このデザインいいな!!って思ったんでした!!

 

でも、金魚ってきれいだな~って気付かせてくれたのも事実・・・

浴衣を着ている人たちも多くて、癒されるなあ♪

ってのはほんと心からそう思えた!何より大きな金魚のゆらゆらしたのはいいね~~!

外国人のお友達がいたら連れてってもいいかもね!混雑してたならぜひとも回避かな!(笑)

 

う~ん、ショーを交えてみたらもっとハマったかもな~!次のご縁に期待しよっと!

 

 

そういえば、今度モネがきますねー!あの夕陽のやつ、めっちゃスキ!!混むだろうなー、行きたいけどどうしよう!!

あと、世界が先に発見した?っていうポスターがある春画のも、すこーし興味がある。あれ、どこでやってんだろうなー。春画っていうとマンガの磯部?を思い出す。あれ、結構好きだ!

あとー、フェルメールも来るよね、確か。たまには写真展も行きたいなあー、大地の芸術祭に行きたい。もう終わったっけ。

あー、悩ましい!しあわせ!><