読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

日常のちょっとしたこと : 落下した卵

先ほど大事に茹でていた卵を落っことしまして。

 

大事にって言うか、半熟卵にしたくって、時間を気にしながらお鍋の前で待っていたわけです。

ただ、ちょっとぼんやりしていまして。さっきからちょいちょいやらかしていたんですよ。

例1: おたまを洗おうとして一気に水を出してしまって、ぶぁっしゃーっと見事に水しぶきを作り出してびしょ濡れに。

例2: スポンジに洗剤を出そうとして、勢い余ってシンクが一気に洗剤まみれに。

 

で、半熟卵が食べたかったので、じっと待っていたんですけども。

 

ちょっと喉が渇いて、しかもちょうどさっき沸かしたばかりのお湯で作ったこれまた私の大好きなジャスミン茶が出来ておりまして。

しかもとっても余談なんですけど、中の見える急須?というのかな、ガラスでできた器なので、お茶の色がとてもよく見えるんですよ。

 

その色がすきで、さらに言うと、時間が経つと味の濃さがわかるから、「あ、おいしい内に飲みたい!」ってなるわけです。

 

あ、飲みたい!

 

と、ちょいとこの素敵な香りを味わっていたところ、

 

あ、いけない、ゆで卵!!

 

と慌てて鍋の前に戻り、その場にあった菜箸で卵をつまみあげて、「冷やさなきゃー」って思ったのもつかの間、

 

 

・・・・・・卵、落下!!!

 

 

Σ(*ノДO)ノ

 

 

という訳です。

 

 菜箸を使うもんじゃないな、と刹那的に思ったんですが、その割れ方が私には芸術的に見えまして。

 

一緒にするなと怒られそうですけど、あの、ペンキだとかを頭からかぶる様子を逆再生した図、というのかな。

その一瞬を特別なカメラで収めたアートってのがあるんですよ。

 

言葉じゃあ難しいかなあ(*・ω・)

 

あの、水が落ちて一瞬で水たまりになる、その「なる」直前の、ばっと広がる瞬間を切り取った写真、です。

たぶん実際のアートを見た方が、その美しさとか驚きがあると思うんですが・・・

 

私の落とした卵の広がり方が、なんか、そんな感じで、見事でした。笑

 

いや、笑えないんだけど、私の半熟卵……!!

 

でもね、中途半端に固まった卵が鈍い音を立てて落下して、しかも全然まだ半熟じゃなくって、中身がとろっとしていて。

でも最初に熱湯で一気に過熱してあるから殻の方は白身が薄く固まっていて、で、卵って白身と黄身とで凝固点(あってるかな)が違うから、こう絶妙な硬さと柔らかさで!!

 

で、結構な高さから落下しているから、こう広がりが劇的で!!

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

 

最初はとてもとてもショック、というか頭が真っ白で、

 

うそ、でしょ

 

と驚きを隠せず、床にひれ伏してじっと卵の無残な姿を見ていたんですが、ふと、

 

  • なんかここまで見事に割れるとすごいなあ
  • 時間、計ってたくせに、全然間違っているという事実(たぶん倍の時間は茹でないとダメそう)
  • 同じ白でも、白身の固さによって透明感が違う
  • 黄身がとても綺麗な、濃いオレンジ色と黄色
  • 殻の赤茶加減と、微妙な粉々感が絶妙
  • このどろっと感、どうやってきれいにしよう
  • それにしても惨劇のように、白と黄色が広がっている
  • わたしの、はんじゅくたまご

 

とここまで色々考えが溢れたら、なんかもうすごく楽しくなっちゃって!!笑っちゃって!!笑えて来ちゃって!(/▽≦*)

いや、全然笑ってる場合じゃないんだけど、「もーーーーーー!!!なにしてんのー!!」ってめっちゃなんか笑えて来ちゃった!てか、今もこうやって書き起こしていると、なんかおかしくておかしくて笑っちゃって!

菜箸、なんで使ったのー!しかも何のために時間はかってたのー!もう全然色々間違ってるじゃん!やってるふりして、全然だめじゃん!

 

おかし~~~、どこがしっかりしてるんだか!><。笑

 

なんとか片したけれど、なんだろうな、とてもアーティスティックでした。

 

日常がちょっとこわれると、なんか面白くないですか。

ちょっとひびが入った感じ。

 

小学生の時も台風が来るからって集団登校で帰ってた時も、なんかおかしくて面白くって。

今にして思うと先生にも変な子に思われただろうなーって思うんだけど、いつもの通学路が風でびゅんびゅん違う音がするし、どっからか木の枝だとか何やら飛んでくるし、傘を通して伝わる雨音も、長靴越しの水たまりも、ぜーんぶ、なんかおもしろかった。

 

「もう大人になったんだから、そういうのはやめなさい」

 

そう言われて、「あ、そっか。もう大人なんだ」って小学校高学年くらいかな、そのくらいにやめていたけど、誰にも言わなかったけど、消えたりしないんだなーって。こういう感覚。

ここに書いてることだって、私が黙ってたら消えてなくなっちゃうんだもんね。こんなおかしくて笑ってるのにね。

 

おもしろいよねえ、このココロってやつは(*´▽`)

 

 こういうの全部拾い上げたら物語が進まなくなっちゃうんだろうけど、どうにもこういうのって面白くて楽しくて気になっちゃう。

でも、なんか誰かに話したら頭がおかしいって思われちゃうかなって、そしてまた黙るの巻。

 

でも世界から広いから、おんなじようなこと考えてる人っているんだろうなー。

同じように隠れてるのかもね、黙ってるかもね。

毎日乗ってる電車の中ですら、誰が何考えてるかわかんないんだし。

 

あー、空港に行きたい!

おやすみ!(´∀`)ノ.