読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

【日記】照らされた風景が綺麗でうれしかったとか、ブランコに乗ったとか、まだ見ぬ理想が楽しみとか

今日はとっても歩きたくなって、思いっきり散歩した!

ちょーーーきもちよかった!天気いい!素晴らしい!あったかい!お日様!すき!!

 

今日の散歩のお供は、なんだかいつもと違う気分で、

  • リュックサックで、
  • 熱いプーアール茶を水筒につめて、
  • 大好きな手帳兼メモ帳と、書きなおせるフリクションのペン

を後は適当にハンカチとかティッシュとかを入れての出発でした。

 

いつもは肩掛けカバン~、モノを取り出しやすいんだもん。

でも、なんかリュックサックな気分だった。どれだけ背負ってなかったんだろう。まだ使ったことのない、ニューリュックサックさんをおろしてみた。

 

で、プーアール茶ね。

実を言うと、私は苦手なんだよね、あの甘ったるい香りが。

でも、いい感じのお茶の葉とご縁が合って、なんとなーくあったかいのが飲みたかったから連れて行ってみた。

 

で、メモ帳。というか手帳。

私のお気に入りの手帳というかメモ帳というか・・・

私は旅行に行く時は必ずノート?メモ帳とペンは持って行きます。

 

メモ帳はとにかく自分がときめくものを持って行く。

手のひらサイズでもいいんだけど、やっぱりなんかこう・・・「狭いな!!」ってなんって、ある程度の広さがあるノートを持って行く。

 

あとペンね。

ペンも、「これ持って書いている私、・・・いいね!」みたいなので選ぶ。

あと、絶対に書き心地がいいやつ。

でも大抵悩んでペンケースごと旅に出ることが多い。優柔不断です。でもでも、すきなんだもん。

 

あ、携帯とかスマホも持って行くんだけどねえ、なんでも"手で"書く方が好きだ。

だから、旅行の時は長時間の飛行機の中だとか、待ち時間だとか、ホテルでの夜寝る前の時間にいろいろ書いている。

といっても旅している時は書くより、目の前のことでいっぱいで「あ、全然書かなかったわ!」ってなってることも多い(*ノ∀`*)

 

ノート、すきなの。

ペンとか鉛筆とかなんでもいいから書くの好きなの。

だから、旅のお供につれていく。それが歩ける範囲の今日みたいなお散歩でも。

 

で、お日様がー!お日様がめっちゃきれいだったー!

 

なんっでもない、コンクリートの・・・なんと言えばいいんだろうか、ブロックが並んでいる壁的なやつ?

たぶん、写真を見せれば一発で通じるだろうけど・・・><

 

その壁?と、その上にある木々の影と光の感じが、たまらなかった・・・!!

※その壁?は、間知ブロック、というやつらしい(知らなかった)。

 

あー、もうね、色が!濃淡が!!

影の伸びる感じと、その先に見える空と、日差し!

微妙な加減の坂道!!

あと、苔?かな?わかんないけど、その壁の何とも言えぬからし色というか、お茶の葉の色というか・・・あの緑加減と黄色味と、影のかかった深い感じ!!

スキだ!!><

 

持って来たスマホでぱしゃぱしゃしてみたんだけど、いかんせん電源が!(充電し忘れた)プラス、日差しが眩しすぎて画面が見えない。

一応何枚か撮ったけど、確認する間もなく電源が落ちて行った。

このスマホの活躍、それだけ。意外と重かったのに。充電・・・するね!>スマホ

 

写真に撮りながら、昔、美術の先生に、

 

写真を見て絵を描くんじゃなくて、自分の目で見たものを描くようにした方がいいよ

 

って言われたことを思い出した。

写真で見るのと、自分の目で見るのとは、当然ながら違って見えるからかなあって思った。

スマホとか携帯で撮る写真は忘れてしまう事をとどめておくには便利で好きだ。

誰かとシェアするとき、とくに旅行先でも、旅行のことを話す時も便利。

 

でも、抜け落ちているものがある。

画像から抜け落ちてしまったものは、私の中にある。あの、感じたものね。

 

今日見た、いわゆる住宅街とコンクリートの道路とささやかな緑の風景も、写真で見ると、きっと「まあ、よくあるよね!!」ってなっちゃうんだろうなって。

たぶん今日撮ったスマホの画像を後で見たら、そうおもうんだろうなって。

 

そうおもうと切ないなあって思うから、今度うまいこと残せないかなあって考えてみよう。伝えられたらいいなあって今日歩きながら思った。

 

別に絶景スポットに行かなくても、毎日見ている道も、こんなにも輝いているんだよねえ。輝いてるねえ!!って言いたい。ただそれだけ。

輝くってあんまり言うとうさんくさいかな!?おおげさ!?笑

 

私ね、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」がすごーく好きで!!

光の魔術師と称されている通り、あの光がすっごく好きで!

あの少女の瞳、あの絵の前に立つと、本当に私を見てるみたい!

あの目に宿る光、好きだ。

 

で、その光を表している色、私の中では今日見た景色の色と同じなんだよね。

 

  • カーテンの隙間からこぼれる日差しの色とか、
  • コンクリートに枝の影を落とす日差しとか、
  • なんてことはない木々の下から見上げた日差しも、
  • 洗濯物を取り込みながら合間からこぼれる光も、

どれも全部同じときめきだなあって思う。

 

なんというか・・・同じ色に見える。同じ雰囲気というか色味が重なる。

いやそれぞれ違うんだけどね!!

違うんだけど、なーんか同じだなあって思う。

ゆらぎというか、色の濃淡?は違うけど、本質的に、というか、心に届く色、が一緒だなあって。

すきだなあって思う。

 

言語化って難しいなあ(。pω-。)

 

でも、私はこの光に何度だってときめくんだと思う。

ひだまり、すきだ。日向ぼっこ好きだ。青空の下で散歩できるって、本当に幸せだよ。

 

あと、今日、ひっさしぶりにブランコに乗った!!

すごく、ドキドキした。

いや誰かに見られたらどうしようって!変にみられるよね!?みたく、誰も私を見てないだろうに、ドッキドキでブランコに乗った。

 

あのねえ、公園に誰もいなかったの!公園のそばで女の子がお父さんと自転車の練習をしていたけど、公園はちょっと階段登らないと行けないところにあってね・・・

 

今ならいける・・・!!

 

と無駄に勢いをつけて乗ってみたよ!

楽しかった!

 

私が選んだブランコの前がなぜかちょうど植木がなくてね、向かいの家の窓がめっちゃ見えた。引き戸?がしまっていたから、「どうか私がブランコに乗ってる間は窓よ、開かないでおくれ・・!」と思ってた。

なんとか大丈夫でした(・ω・)

 

「私は何歳だっけかな?」とか思ったんだけど、ブランコに乗りたかったんだ。

なんかすきだった。

ドキドキした。ブランコの乗り方、忘れちゃったかなって思ってたから。

 

覚えてたよ。よかった。ここにも、私、いた。

 

今度はおっきな滑り台をすべりたい。こどもの国のやつみたいな!

さすがに一人で滑り台はハードル高いかなあ(*・ω・)

 

 

あと、散歩しながら思い出した。

 

あ、片づけの話ね!!

 

理想の勉強机が出てこない~~!!って話!

 

 

私、「自分の理想も出てこないなんて・・・」って、めっちゃ不安でいっぱいになってたけど、

 

理想の勉強机にこれから会えるんじゃん!?

それ、めっちゃ楽しいね!!

 

って思った!

 

ついつい「ちゃんと出来なかったらどうしよ~~」って情けなくなったり不安になったりするんだよね><。

でも、今から、私の「こうしたい!!」って机に出会えるなら、こんな楽しいことないよなあって!未知との遭遇!!ドキドキする!

 

プレゼントの包み紙を開く~みたいな?

ミステリー小説の真相部分をいよいよ読む~みたいな?

クイズの答えをようやく聞ける~みたいな??

 

それ、絶対楽しい!!

 

知らないことは、知る楽しみを味わうことー!

 

旅と一緒だよねえ、辿りつくまでも味合わないと(*´▽`)

 

 

ではでは、have a nice dream~♪