読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

【日常】色のある世界がすき、かすみ草に憧れてた、はげたネイルもすき

昨日は残念ながら更新できなかったので、連続記録がまた途絶えたよー><。

ま、気ままに続けよう。次こそは。

 

 

昨日へろへろになりながら綴った散文も、“わたし”の記録なので、あんまり手を加えずにアップ。

気の抜けた炭酸水みたいな味だとしても(ただの水?)、それでも一口含めば少しは心の足しになるでしょう。

 

 

昨日の乱文を書きながら気づいたのは、私はなにやら色にこだわりがあるらしいってことだ。

 

さらに、光に照らされた色合いが好み。

 

じゃあ彩度が高い色が好きかって言うと、好きは好きだけど、そうじゃなくて!!

 

その色が、その場を構成する一部であるとよい。

日常に溶け込んでいるのがいい。

目に見える光景から浮いていてもいいんだけど、その場の雰囲気をこわすのはご法度。

 

無難な色味なだけじゃつまらない。

モノクロもすきだ。

注文をつけていいなら、アクセントが欲しい。

 

ほんのちょっとのルージュ、

 

ひとすじのイエロー、

 

グラデーションの青。

 

 

緑もいいよねえ、みずみずしいグリーンを置くなら、マニキュアも驚く色の花々も欲しい。

びっくりパープル、ぱっきりオーランジュ、ピンクもいいなあ。

 

 

 

全然話飛ぶんだけど、むかーし、友達に、

 

 

「Aちゃんってかすみ草みたいだね」

 

 

って言ったことがあって。

 

 

その友達に後で聞いたら、『ショックだった。私、そんな地味?』って感想で、私的には逆にびっくりで!

 

 

ごめん、とっても褒め言葉のつもりだった!!笑

 

 

その友人は誰とでもなじめてねー、話してる子をイキイキさせちゃうの。

私、すごいなー!っていつも思っててさ!!

どんな花束でもなじむかすみ草が浮かんだんだ。

いてくれるだけで、どんなメンバーとでも雰囲気が華やかになるの!誰といてもだよ!すごいよねえ!!

 

私はこのとおりだから、うらやましかったし、同じになれないことはわかってた。

 

 

かすみ草に憧れたんだよなー。

 かすみ草になりたかったもん、なんなら!

 

 

でも、彼女は逆に、人に合わせてばっかりで自分の意見が言えないのがイヤだった、とか言っててさ!

 うそでしょーって笑っちゃったなあ。

 

なんか、面白いよね!

 

 

私、はげてきたネイルも好きだ。

パレットに指つけちゃったかなーって感じに見えて、密かにほくそ笑んでしまう。

前に雑誌で「はげたネイルしてる女性にはときめかないね」ってイケメン座談会?みたいの書いてあって、

 

∑(゚Д゚)

 

ってなったけど、一周回って、そんな自分の指先も好きだなーって緩やかに思った。