読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

徒然と朝

こんな時間の朝はまだ暗い。

寒くて、自分がいることを実感する。自分はあったかくて、熱を持っていて、生きているなあって感じる。

白い息を吐くと、朝日が見えない空に溶けていく。ぼんやりとしていて目立つLEDの街灯はやけに自己主張が激しい。

 

こんなに寒いのに、通り道には花が咲いている。

日差しがないからトーンの落ちた濃いピンク、イエローとオレンジ、目立つ紫の花。

植え木の根元で、太陽があろうとなかろうと変わらず咲いているんだろうなあ。綺麗だなあ。

私は日の光が好きだから、きっと太陽を浴びた姿にときめくんだろうけど、この時間帯の色もまたすきだ。少しずつ明るくなる空、まだ時間かかるんだろうなあ。

寒いなあ。

 

冬だなあ。

 

日陰にいる時と同じで寒い。

寒いけど、自分の輪郭がはっきりする。目が覚める。

 

おはようの魔法はあると思っていて、「おはよう。おはよう」って二回話しかけるのがいい。

私は軽く2回がいい。自分に言うの、部屋に言ったり、物に言ったり。なんでもいいんだ。はたからみたらおかしく見えるだろうなあ。

 

あと寒くて布団から起きられない時は、「1、2、3!」って声を出す。

そしたらおきられる。

起きられないならもっかいやればいいし、ダメなら・・・諦めたらいい。笑

ダメって言ってるのは、自分で、自分のやりたいようにすればいい。ぐーって腕を突き上げたら、『寒いさむい』って肌が言っても、身体は動かせる。

なんだろうな、感情は置いてけぼりでも身体って動かせると思ってる。それがいいかどうかはわからないんだけど。

 

白湯を飲むと、あー、身体の中、通ってるって感じがする。

今度は飲む魔法。

 

朝ごはんを食べたら、身体があったまってくる。

エネルギーが入ってくる。私、朝ごはんが好きだ。ご飯の炊きたての匂いも、パンの匂いも、牛乳でも、なんでも、あと、お味噌汁とか、コーンスープとか、鍋物でもいいし、あったかくて、さあ、行こうって力がみなぎってくる。指先に血が通う。

 

顔を洗って、鏡の前で笑ってみる。最初は、ねえ、寝起きだもの。そんな顔でもしょうがないよ。ってフォローする、自分で。笑

でも、笑ってるうちに、「今日もいい感じだね~」って思えてくる。そのとき、鏡の前には私だけがいる。頭に浮かぶいろーんだ誰かさんはどうでもいいんだ。

 

あのねえ、プロのコンサートのことなんか忘れて、学生さんでもなんでも目の前の誰かの演奏を聞いて、集中したら、そこが世界一になると思うんだ。

 

頭の中のイメージはプラスにだけ使えばいい。そしたら、自由だ。

 

 

口紅はつけるタイプの魔法。歌にもあったなあって思ったけど、あれはつけまつげか!

あの発想、すっごくうらやましかった。素敵だなあ。

まぶすタイプの魔法、吹きかけるタイプの魔法、のせるタイプの魔法・・・エトセトラエトセトラ。

 

着るタイプの魔法もその前か、お気に入りのスカートはひらひらするタイプなんだよね。

だから時間に余裕がある時は、意味もなくスカートをなびかせてみる。ひらっ、・・・ひらっ。いいね!!(自画自賛。笑)

好きな服は気分が上がるよー!すきだーー!

 

毎朝変身してるんだろうか、中身はそのまんまだからたぶん魔法だ。

なりたい自分になっている。・・・たぶん。

 

 

いってきまーす!今日も楽しい一日を!