読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

【散文】花の話と黄色の話と、梅を見てきたことの振り返り

今朝、またあの桃色の花を見かけました。

あのピンク色の花ばなは、朝日を浴びてとてもきらきらしていて、

 

あの花が咲くから、朝日が注ぐのか、

 あの日差しが届くから、花が咲くのか、

  どっちなんだろうってそばを通るたびにおもいました。

 

だって、本当にまばゆく輝いてるから!

 

ちょうど、花弁のふちぶちがきらきらしていて、ビルの合間から絶妙に光が届いて、他は陰になっていて・・・この木がラッキーなのか、そういう運命なのか、どっちなんだろう。

 

もうすぐ、華やぐ季節がやってきますねえ。楽しみ。

 

今夜も空を見上げたら、オリオン座がずいぶん移動してたのに気付いた!

この位置まで来ると、春はもう少しだな~!

半月?よりちょっぴり丸っこい月の黄色がカワイイ。

 

そういえば、こないだ月明かりに起こされました。

 

いやいや月明かりは優しいでしょ?って思うでしょ?

私も思ってた!!笑

 

その夜は、私はとっても眠くて、眠くて。

たぶんね、ホットカーペットの上でも気付いたら寝ていたかも。

本当に眠たくて、でもお風呂に入んなきゃ、歯も磨かなきゃって、うとうとしながら「あ~寝ちゃう~」って思いながら、ベッドについて、寝て。

 

突然、黄色が目に刺さってきて!

ぎゃ!?なに、眩しい、眠いんだよわたしは。もうやだ、なに、眠たいから動きたくない。眠いってば。

って、目が覚めて、なんだか視界が真っ黄色だった時間を思い出して、小首をかしげてみて・・・

 

夢?(*・ω・)

 

変な夢ーー(・ω・*)

 

 

って思ってたんだけど、その日の朝に友達から、

 

「昨日、すっごく綺麗な満月だったねー!」

 

ってメールが届いていて・・・!普段、そんな月がどうとかメールしてこないじゃーん!って思って、そして、「あ、夢じゃなかったんだ!」と知ったのでした。

そういえば、いい具合にカーテンの隙間が出来ていたんだよね。

まさか、そんなタイミング良く月明かりが私の枕元に届くなんて思わないよ!!

 

私、夢かと思って。ほんとに眠かったの。

 

うん、誰かにこの話を言いたかった。月明かりってまぶしい日もあって、ほんとに起こされるよって。オチはない。笑

 

 でも、私、こんなに黄色に惹かれるとは思ってなかった!

ふりかえってみると、美術の時間なんかで自由作品を作れると、モチーフは大抵ひまわりだったなあなんて思いだして。

持ち物は黄色が多いってことは全然ないんだけど、「元気がない時に力を分けてほしくて黄色の服を着る」ときもあるし、黄色いバラの花言葉もやけに印象的だし(裏切りとか、薄れゆく愛、だったはず)、あ、黄色いバラはこんなに綺麗なのになんでそんな花言葉!?って意味で印象的ね。

ともかく、気付いたら黄色ってそばにあるなーって。

 

お日様もそうだしー、お月さまもねー。

 

たんぽぽもすき。つくし、早く見つけたい。霜柱、踏みたいなあ。季節変わる前に間に合わないかなあ。

 

・・・うん、違う話だ(*ノ∀`*)

 

ただ、言葉にするだけ。

 

 

私気付いたんだけど、自分の気持ちってよくわかんないなって。

わかんないから、もうある意味、動くしかないって。

不安から動くのは良くないってよくきくから、それは気をつけようって思うんだけど、もはや頭の中じゃよくわかんなくて。

 

梅を見に行って帰ってきて思ったんだけど、「梅の花を見るんだ!」って決めて向かうその過程に、なにもいらないんだなって。

ただ、歩むだけ。

例え、天気がよくなくても、準備が十分でなくても、決めた日付と行く手はずと、身一つで目的地に進めば、進んでいく。

 

運勢とか見ないもん。

占い、好きで見るけど、全然眼中になくて。

ただ、その梅の花を見て、その時間を、行く過程をどう楽しむかでいっぱいで。

 

ああ、こういうことなんだなと。

同じように、これを続けていけば景色は変わるんだなって。

雑音も雑念もその他もろもろそばからなくなって、ただ"私"が行きたかった所にいける。

 

で、いま帰ってきて、「ああ、梅の花、こんなすきだったんだなあ」って後になって思った。いや、最初からみたかったけど。笑

 

あとね、何をするにも体力大事だなって。

いや、帰ってきてね、とっても疲れてね。笑

その反動で、こんな素敵な体験をしたのに、私はこんなに疲れ果てるんだなあってへこんだ。

土日全部予定を入れてやる!!とか気合入れたって、とてもじゃないけど・・・家のことやれないもん。ぐてーって感じ。

 

そして、情けないなあってへこんだり・・・あほか><。

 

で、同時に思いだした。

 

中学校のスキー教室、はしゃぎすぎて熱が出て、翌日も下がらなくて、一人新幹線で家に帰されたこと。

友達と遠くに遊びに行って、とっても楽しかったのに熱が出て、学校をお休みしたこと。

たしか、学生の時のバレンタインもみんなで張り切ってはしゃいで準備して・・・当日、風邪をひいたこと。

 

こう書くと病弱っぽいけど(笑)全然そんなことはなくて、なんだろうな、はしゃぐと気持ちが高まりすぎちゃうと、バランスを崩しやすいタイプで。

 

 

ああ、大人になるにつれて、セーブの仕方を学んだんだっけなあって思いだした。

 

 

体育、めっちゃ苦手なんです。

逆上がりもできたの、たぶん数回だし。

 

その分、頭を使おうーって。頭っていうか、知恵?知識?

 

例えば重たい荷物を動かす時、そりゃひょいっと軽く運べればいいんだけど、私はそれをやると後でばてる・・・から、台車をうまいこと借りてきちゃうとか。

あるいは、てこの原理でうまいこと少しの力で物を動かすとか。

 

そういえば、そんなんで上手いことやってきたんだっけと思いだした。

 

自分の取扱説明書、みたいなのがあるなら、

  • はしゃぎすぎは体調を崩すので程々に
  • いかに体力を温存して進むかを考えましょう

的なことになるなって!

 

 

だから、私は頭を使おうって思って、そんな感じでとん、とんって来たなーって思いだした。うん、今まで無自覚で忘れてた。

 

そんで、違うステージに行きたいなら、やっぱりもうちょっとだけ体力つけなくちゃ!って気分になった。

 

 

おーやす、み!