読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

久しぶり~ で、めちゃくちゃに乱文

けっこう書いてなかったんだなあ(´ー`*)。・:*:・

 

ひょっこりと顔を出してみた。

このブログをはじめてもうそこそこ経つのね。まったく記事書いてないけども!

 

前に記事書いていたころを思い出すと、同じ季節が廻ってくると同じことを感じているんだなあ。

紅葉がとてもきれいでしあわせ。

パレットみたいな木々を見るとすごく満たされてくる。

 

オレンジが好き、みどりがすき、黄色が好き。

 

お日様の色に染まっていくようで、木の葉がとてもいとおしい。

 

先日、出流原弁天池に行ってきたんですけど、とても、とてもきれいな場所でした。

これでね、いずるはらべんてんいけ、と読むそうです。

 

難しいよね(*´∇`*) と開き直る。人に説明するために覚えました。

 

ちょっと紅葉には早い時期だったけれど、私はとっても気に入りました。

自分の視界が絵画のよう。

日差しの位置によって色が変わっていって、それでいて大好きな秋色が視界一杯に広がって、すごーく幸せでした。

 

そばに神社?だったかがあるんだけど、私はそっちに行かず、そばにあった岩に腰かけてただ、ただ、ぼんやりとその景色に満たされていました。

 

あんまりおっきな場所じゃないし、そばにお宿と小さな売店?があったけど、それくらいな印象・・・

ぼんやりとここで時間を過ごせたらしあわせだろうなあ。

そばにほしい!!と心から思いました。

 

ちょこっとおすそわけ!

 

f:id:su790:20161204174533j:plain

 

f:id:su790:20161204174547j:plain

 

・・・伝わるんだろうか??(´ー`*)。・:*:・

 

と思いつつ、この場所の澄み切った水と空気と雰囲気がちょこっとでも伝わればうれしいです。

 

はー、また行きたいなあ!

これはね、午前の日差しなの!やっぱり朝の日差しがいいのかなあ?

ちょっと油断して目をそらしてたらもう一度同じ場所から見て、色が違って見えたー

もちろんね、その色もよかったんだけど、到着して最初に見た景色がいっちばんすき!

 

日本にはこういう綺麗な池が他にもあるんですってねえ。

すごいなあ、素敵だなあ。

きっとこまごま点在してるんだろうなあ。こういうところでただ、ただ空の青さと水のきれいさに浸っていたい。

この日は小春日和で、それもよかったのです。

 

おひさまをいっぱい浴びた木の葉が散っていく今がやっぱり好き。

秋色が本当に好きなんだなあと実感。

青空と紅葉ってもう最高だよね。夕暮れ時の青さとオレンジとピンクとグレーと金色と・・・みたいな、いろーんな色が楽しめるんだもの。

 

うん、同じこと言ってるなあ。笑

 

スキが変わらないとしたら、好きなものがわからないとしても救いだよなって思う。

在るんだもの。

最初からここに在るなら、あとはほこりを払って見つけ出すだけだものね、と。

 

一年、そう、一年経って、いろんなことを赴くままに体験してみて。

選んだもの、選ばなかったこと、あるなって。

 

なぜ選ばなかったのか、理屈を問いただすんじゃなくて、自分のことを知ろうとしてたんだなと同じ季節を迎えて思っています。

来年も、同じことを繰り返すんじゃないんだろうなと。いや、わかんないけど、結局同じことをするかもしれないんだけど、変わっていく中で変わっていないところ、足踏みしているところを認知しようと、ようやく再び「書き出す」という行為に向き合い始めています。

 

ああ、変わっていくなって。

 

必死で変わらないように、変わらないようにしようと、

変わることが怖くてたまらなくて、目を背けていたのかもわからなくて。

 

自分を否定しているのか、認めているのか、

自分の中のコトバと、実際の事実を、整理し始めています。

 

前はしなかったことをしてるんですよ。

片付けもそうだし。と、一年前も掃除の記事を書いているので、・・・へへ(*´∇`*)

 

自分の望みをすくい上げるような、そんなことなのかなと。

 

そのままでいいってよく言うけど、私自身がほんとにそう思っているのか、理解しているのか、納得しているのか、腑に落ちているのか、よくわかんないなって。

それは自我なのか、エゴとよばれるものなのか、悩みだすときりないし、よくわかんないし、なんだろうなあ。

自分がどうありたいか、ってただそれを、今は手にした体験とか、感情とか、思い出だとかで整理したいんだろうなあとか、とか、とか、ごちゃごちゃと綴ってみる。

 

手にした何かがいとおしくて動けなくなって最初から手に入れなければいいのにと無気力的に思うけど、もう、しょうがないよなあって。

俯くわけじゃなし。

 

常に光の中にいて、ひだまりに身を沈めているような、そんな感覚で。

 

久しぶりに抱いたおっきなぬいぐるみの肌触りがこんな気持ちよかったんだと、昨日実感した。

ずっと飾ってたのにね。笑

 

触ろうともしなかった。

前触ったときはいつだろう。八つ当たりで思いっきりはたいた時かな?

 

誰かに出会いたいと思って、でもほんとに心の底から出会いたいと思ってたのかは謎。

 

めんどくさいっていつでも思ってた。

 

でもちょっとの一歩がつながって、めぐっていって、私、こんな体験、よくできたなっていうのが今。

 

引き寄せの法則があるかないか。あろうがなかろうが、私は不思議な力があってほしいし、あったら使ってみたい。

けど、ほんとはどうでもよくて、どっちでもよくて、ただ、幸せよねって。

 

ぐーーるぐる、ぐるぐる、考えてる。

 

 

うーーーーん!!!

 

わけわかんないことを、いくらでも綴れるって気持ちがいいよね!

 

ブログ、すきよ。だいすきよ。

 

たまに、どうでもいいときに、すきだーーーって思うの。

何が好きかわかんなくて、ただ、心から、だいすきって言葉が浮かぶ。

だいすき、だいすき、大好き!

 

胸がきゅっと、嫌な感じじゃないから、なんだろうなって思うけど、なんだっていいんだろうね。

改札通るときとか、なんでもないときに、ふっと、だいすきって、どこから湧いてくるんだろう。泉からあふれてるのかな。

 

使い古された説明はいらなくて、ただ、感じる愛という言葉は心地いい。

 

あーーー、だいすき。

すき。

 

すきなのよ、

 

なにがすきなんだろう。

 

ただ、好きって言いたい。

だいすきっていいたい。

 

誰かってわけでもないし、ナニかってわけでもない。

 

でも、いま、わたしあったかいから、なんか・・・いいものだろうね!!笑

 

すき、すき。だいすき。

 

だいすきと想わずにいられない。

 

おおげさだけど、やっぱり生まれてよかったなあ。旅行できて幸せだし、誰かに言葉を届けられて幸せ。

いい時代に生まれたんだなあ。

私、女だから、女性に権利が認められてない時代、とか、旅行できない時代とか、想像しただけでがっかりだもの。

相対的ってほどじゃないけど、まあ、すきなんだよね、いまがすき。

 

すき。

 

すきっていいなあ

 

お気に入りっていいよね!すき、ってすき!