読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

ごちゃごちゃ語る:夕焼けを見て綺麗だと思えるなら、大丈夫(就活)

今日もうれしいことがあった。

「みずきさんだから仕事を頼んだよ」って言ってもらえた。

私は、「あなたがいいって言われるような人になりたい」と新卒から思っていたからとてもうれしかった。

 

ふと、就活を思い出す。

もうちょっと9月になったら、まさにあの日だ。

ねえ、大丈夫、夢かなうよ。>自分

私は「あなたがいい」って言われる人だよ。

 

 

 

 

 悩みに悩んだ就活、試験勉強もあって、一般的な就職活動もあって、近しい人をなくして家族が暗くて、これまで何やってきたの?って自分を責めてもう何が何だかわからなかったあの頃。

時間を止める方法を本気で考えてた。

 

急に、なにもかも楽しくなった。

今まで楽しいと思ってたマンガもつまらなくなった。

好きな食べ物を食べても元気になれない。

テレビも音楽もアニメもゲームもだめ。

なんとかあがきたくて就活本や先を行く人たちの本をたくさん読んで、でもそこに私はいなかった。私はね、いないの、自分探しなんかしたくないのに空虚な自分を言葉で埋めようとしてた。

 

暑かったの、自分の部屋の中で、クーラーをつけて、でも寒くなって、クーラーを止めて、あれだけ頑張って受験勉強したデスク、そのすぐ下に座って寄りかかってた。

カーテンも大して開けてない薄暗い部屋の中、もうどうしたらいいかわからなかった。

無気力ってこんななんだって思った。

 

生きたくないって思っても、もしそんなことになったら家族がどうなるか想像できたから絶対ないなと思って、でも苦しくて苦しくて、何もしたくない。

 

そう、暑かったの。

 

日も落ちたから、

少しは涼しい風が入るかも。

 

そう思って、窓を開けた。

 

 

 

がらがらがら、

 

 

 鉄の引き戸を開けて飛び込んだ景色、

 

 

 

それは、夕焼けだった。

 

 

昼と夜が交ざるオレンジに空色、グレーに青、

 

もうすぐ顔を隠す太陽の明るさが雲を鮮やかに照らして、

 

それがまたいろんな色が溶け込んでいて、雲のまばらさがまたいい味を出していて、

 

とっ  ても綺麗だった。

 

 

綺麗だったの。

 

 

 

あ、

 

 

私、綺麗って思えてる

 

 

そしたら泣けた。そらもう泣いた。

 

なんにも楽しいって思えない心に、“夕焼け、綺麗だ”って気持ちが浮かんだから、綺麗だって感じられる私がいてよかったーって思った。

大丈夫だ、私。

その瞬間、安心した。

 

就職活動って、「どう生きるか」って内面に走りがちだけど、試験官は別に私に興味ないんだよね。

  • どの子が会社の力になれるか
  • この子を選んだ理由を社内で客観的に説明できるか

ってくらいだと思う(私の主観です)。

面接官って、新卒入社後にあの子選んだの誰ってなるから、変な人を選べないんだよ。

だから、自分が選んだ子が活躍してますってのが成果みたいなもんで、これこれこういう理由だからこの子は大丈夫です!って言えなきゃだめで。

 

いかに、自分が持っているもので、面接官の人にアピールできるかがポイント。

私は~~~~~な人間で、こう生きていきます!!みたく私が中心じゃなくて、こんなところが得意です=ほら、会社に入ってからこんな風に活躍できますよ!みたく想像させる。

会社で求められる能力を整理して、そこに自分のストーリーをあてはめる。切って貼ってパズルみたいね。

 

誰もこっちの生き方に興味はない。こっちの心の中には踏み込んでこないし踏み込めない。

 

興味あるのは、会社に役立つ人材か、それだけ。

 

それってかなしいけど、ひどく安心するよね。

 

心は不可侵さ。

 

自分探し?やりたいこと探し?

 

けっこうけっこう。

で、どうやって生きていくの?How to を考える。

気持ちは置いておいて、目の前の事象を考える。

何がしたい、は横におく。何をするか、生活するために。

 

試験に夏くらいに落ちた先輩がいて、ゼミの皆で心配してた。

おっとりとした人で就活なんて大丈夫?って心配してた。

 

12月に内定が出た。

その先輩と仲良くて大好きだったから嬉しかった。

 

「先輩、おめでとうございます!よかったです、ほんとうに」

 

そう声をかけたら、ありがとうって言ってくれて、就活どうでしたか?って聞いたら、

 

「もうね、不安とか言ってられないから面接ずっと受けてた。落とされるたびに凹んだけど、そうも言ってられないじゃない。だから、就活やり続けてやっと内定もらえたよ」

 

って笑ってた。

 

先輩のその独特の間が、空気感が好きですよ。

ビジネスっぽくなくて、試験落ちたって聞いた時はどうなるか心配してたけど、そのお話を聞いて、やればいいんだなーって思った。

不安とか迷いとかそんなんよくて、行動すればいい。

 

先輩大好きだなー、暑中お見舞いいただいたから、今度会いましょーって連絡しよう。

 

あー、何の話だっけ、ごちゃごちゃ、まあいいや

 

なんかね、あの部屋で何も感じられないあの自分が浮かんだから解放したかったんだ。

 

だーーーい、じょうぶだよ!!!

 

ってお伝えします>自分

 

私だからって言ってもらえたー、やったー!

うれしー!

それだけだね、結局(笑)

 

おやすみ!