読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Favorite!!!!!

好きなことを好き勝手に書いています

welcom to my home, Amber! (琥珀の話)

ときめいた。

琥珀(こはく)にときめいた。

お日様を溶かし込んだみたいなきらめきが好きだ。

ろうそくのともりのようなゆらめきがすきだ。

炎のような熱を持ったオレンジや赤褐色、

それでいてとろんとしたはちみつハニーなイエロー、

それらがうまいこと溶け合って、なんだか昔懐かしい飴玉みたいな、

夕焼けみたいな、朝日みたいな空のグラデーションみたくなってるところがまた好きだ。

その中に結晶があって。

それがまた、きらきらした星なのか、光なのか、閃きをそのまま閉じ込めたきらめきで見ていて楽しい。

 

あっちから光を当ててみたり、

こっちから角度を変えてみたり、

違う表情を見せるペンダントトップに心を奪われる。

 

部屋のライトでさえ綺麗なんだから、日差しに照らしてみたら、どんなにきれいだろうって思ったけど、
琥珀って天然樹脂だから、日差しはよろしくないらしい。

 

残念!!って思ったけど、

 

太陽を思い出すような輝きと、

ひなたぼっこしている気分にさせてくれる存在だからこそ、

くもりぞらの今の季節にはピッタリかも!って思った。

 

ほら、セーターの上につけるにはちょうどいい。

 

この琥珀は海深くで採れたものらしい。

気が遠くなるほどの時間をかけて、誰かに見つけられて、誰か彼かの手にかかって今の形になって、そして見初められて、私の元にやってきたと思うといとおしさが増すばかり・・・

 

旅行先のおみやげとしてプレゼントされたものなんですよ。

とってもうれしい!!感謝!

このペンダントとどんな風に出会って、どんなことを考えて選んでくれたかを想像すると、その物語性がまた広がって嬉しい。

旅先で思い出してもらえたって、そのこと自体うれしい。

 

旅先で出会って手にするアクセサリーって、それぞれの旅を思い出せるから、なんだろう、そのとき感じたココロごと身に着けられる気がして好きだ。

食べているとき、ただ食べているんじゃなくて、イメージごと食べてるっていうのがあって。

それと同じだなって。

イメージ・・・イマジネーションごと手にした感じ。

空気感だったり、ときめきだったり、ぬくもりだったり、風だったり、さわやかな風が肌を撫ぜた瞬間、みたいな心地よさごと、私は身に着けた気分になる。

 

鏡を見るたびにニヤニヤ~。

 

誰かに見られないようにしないとなあ。

 

 

余談だけれど、琥珀って英語で、「Amber」っていうんだよ。

Aにアクセントで、eとaの混ざった音ね。

 

なんか友達みたーい!って思った。

しかし由来を辿っていくと・・・マッコウクジラの高級オイルなんだって!ほんとに!?

ドイツだと"燃える石"って訳されるんだって。すてきだなあ、納得だ。